4カ国の海外メディア・インフルエンサー招聘

日本産水産物の消費促進PRアクテビティ

日本産水産物の消費促進のために、シンガポール・マレーシア・フィリピン・タイの各国メディアおよびインフルエンサーを招聘して、北海道・青森へのツアーを実施しました。


具体的には、北海道・青森県の現地での漁港の視察。漁港での水産物の試食や加工工場の見学。そして、様々な形で調理された水産物を各メディア・インフエンサーに試食をして頂いた上で、各生産者・シェフ等への取材をしていただきました。

それぞれの参加者にとってもこのようなツアーは初めてで、特に東南アジア出身の方々ばかりであったため、雪を見るのも初めて。マイナス10度近い温度を体感するのも初めてなど、初めて尽くしのツアーとなり非常に好評をいただきました。

To promote consumption of Japanese seafood, media and influencers from Singapore, Malaysia, the Philippines and Thailand were invited to tour Hokkaido and Aomori prefecture.

Specifically, tours of local fishing ports in Hokkaido and Aomori. Tasting of seafood products at fishing ports and visits to processing plants. Then, the media-influencers tasted the seafood products prepared in various ways and interviewed the respective producers, chefs, etc.

For each of the participants, this was the first time on such a tour, especially as they were all from South-East Asia and had never seen snow before. It was also the first time for them to experience temperatures of nearly minus 10 degrees Celsius.

海外各国マーケットに根ざしたローカル視点を持つマーケティングパートナー

海外パートナー企業:7カ国(シンガポール・マレーシア・インドネシア・フィリピン・タイ・ベトナム・台湾)、10社以上。 海外関係メディア数:200社以上

0コメント

  • 1000 / 1000